NEWS&COLUMN

ニュース&コラム

リノアス10周年記念企画:アーチ・アンド・ドリーム代表インタビュー後編

2012年からスタートしたアーチ・アンド・ドリーム。
現在では、『リノアス』のブランドで湘南エリアの団地リノベーション物件を中心に手がけるなど、女性ならではの視点を活かした不動産屋として活動してきました。
今回は、10周年企画として代表・比嘉恵美のインタビュー後編をお届けします。

—リノアスのリノベーション物件の特徴とは?

機能的な生活動線など日常的な利便性と、ワクワクするような遊び心が感じられる空間に仕上げることを大切にしています。
あと、以前はファッションに関わる仕事をしていたので、その経験を活かしながら昨今のニーズやライフスタイルをしっかりと意識して、各物件ごとにテーマを決めて企画しています。
ただかっちりと作り込み過ぎないようにして、購入者が実際に暮らしていく中でアレンジを楽しめるような“余白”のようなものは残しておくことにしています。
団地リノベーション物件の場合は、古き良きものを残していこうという価値観もあると思うので、周辺環境や外観と内装に親和性があるかなども大事にしますね。

170

—今後の展開・展望について

昨今ではSDGs(エス・ディー・ジーズ)、サスティナビリティ(Sustainability)といった価値観が大切にされて、古くてもまだまだ使える建築物を有効活用する意味でリノベーションが果たす役割が重要になると考えていますので、リノベーション事業は引き続き力を入れていきます。
特に弊社の手がける湘南エリアの団地リノベーション物件が好評を頂いているので、今後も積極的に手がけていきたいですね。
ただ、コロナ禍以降は移住希望者が増加して、湘南エリアが大人気となっているので、物件が不足している状況です。
その一方で、古い団地に関して、相続したけれど、その後どう扱って良いのかわからないと困ってしまっている方も多いと聞きます。
近年のテレワーク(リモート)による在宅勤務や時差通勤の普及によって、駅近より環境重視などと以前とは求められている条件が変わりつつあります。
古くて駅から遠いなど一般的には売りにくいとされていた団地物件でも、建っているエリアや周辺の環境等によっては思わぬニーズが発生しています。
また、若い世代にとっては古い団地自体に新鮮さを感じて、アンティーク家具や古着などと同じくビンテージ感を求める感覚で、団地を気に入る方も増えています。
弊社としては、様々な提案もできますし、古いマンション・団地の買取も強化しているので、悩んでいる方は是非ご相談頂けたらなと。
アーチ・アンド・ドリームという社名にひっかけているわけではないですけど、売りたい人と買いたい人、人と人をうまくつなげて、お互いのニーズを満たしていけるような、そんな架け橋になっていけたら嬉しいですね。
弊社では、トータルでのサポートということも大事にしています。
リノベーション、売却・買取、仲介だけでなく、物件探しや住み替え、資金計画なども含めてお手伝いできますので、お気軽にご連絡頂ければと思います。

リノアス10周年記念企画:アーチ・アンド・ドリーム代表インタビュー前編

団地リノベーション(団地リノベ暮らし)の魅力とは

団地リノベーションで叶える湘南移住計画

団地リノベーションで鎌倉移住を実現 〜リノアスお客様インタビュー1〜

今、何故リノベーションが注目されるのか

団地リノベーションのビフォーアフター事例紹介

中古マンション・団地の売却のポイントとは 〜仲介か買取か〜