NEWS&COLUMN

ニュース&コラム

「金沢シーサイドタウン並木団地」〜素敵な団地案内1 街そのものが一つの作品〜

団地リノベーション(団地リノベ暮らし)は、URがMUJIやIKEAとコラボレーションをして話題になったり、様々なクリエイターの関わる全国各地の団地再生プロジェクトの盛り上がりなどとも相まって数年前からブームとなり、住居選びの選択肢としてもはや定着した感じもあります。
新型コロナウイルス以降のニューノーマル時代になってテレワーク(リモート)による在宅勤務の普及や時差通勤の導入も本格化し、利便性よりも環境重視の方が増えてきて、一人暮らし、DINKS、子育てファミリー層など若い世代を中心に団地のリノベーションに関する関心はますます高まってきている様子。また、昨今ではSDGs(エス・ディー・ジーズ)、サスティナビリティ(Sustainability)などといった価値観が重要視され、古き良きものはもっと大切に継承してしていこうという側面からも注目されるようになってきています。
弊社でも、お問い合わせや手がける機会が増え続けている団地のリノベーション。でも団地リノベーションに興味があるけど、たくさんある団地からどんな団地を選んだら良いのやらと悩んでいる方も多いのではないかと思います。

そこで皆様の今後の団地選びの参考になれば幸いと、弊社が過去に手がけた団地から、特に魅力的なものをセレクトして紹介させて頂きます。題して、「素敵な団地案内」。

第一回は、「世界一美しい団地図鑑」や「いえ 団地 まちー公団住宅 設計計画史」など団地再評価ブームの影響で出版された書籍でもよく取り上げられている名作「金沢シーサイドタウン並木団地」です。

横浜市金沢区の埋立地に作られたこの団地は、建物だけでなく敷地内の街づくりごと設計されました。
一丁目エリアは槇文彦氏、二丁目エリアは神谷宏治氏・内井昭蔵氏・宮脇檀氏・藤本昌也氏の4人の建築家のコラボで設計。
著名建築家によって設計された街並みは、景観が整えられてまるで街全体が一つの作品のよう。そのデザイン性の高さが評価されて、国土交通省・都市景観大賞審査委員会が選定した都市景観100選にも選ばれています。
団地の目の前には桜並木の美しい歩道がつながって、歩いているだけでも豊かな気持ちに。歩道と車道が機能的に分けられて整理されています。

しかし意外に名だたる建築家が手がけたという事実が知られていないこの団地。
「世田谷美術館」「桜台コートビレッジ」などが代表作の内井昭蔵氏、「ブルーボックスハウス」「もうびぃでぃっく」などが代表作の宮脇檀氏の人気も高いですが、特に槇文彦氏は文化勲章も受賞しているモダニズムの大御所建築家。「代官山ヒルサイドテラス」「幕張メッセ」などが代表作です。建築ファンには、「え!あの槇文彦氏の団地に住めるの!」と驚く方も多いとか。

敷地内には、多数の公園や保育園・幼稚園・小中学校等が計画的に配置されており、その中の「並木第一小学校」も槇文彦氏の設計。「並木幼稚園」にはなんと岡本太郎氏の壁画もあります。
また郵便局、銀行、病院、スーパー、ドラックストアなど一通り揃っているので、一人暮らしでもファミリー層でも日常生活に不便はなさそうです。

最寄駅は、金沢シーサイドラインの「並木北駅」もしくは「並木中央駅」。
金沢シーサイドラインの沿線沿いは魅力的なスポットが多く、「鳥浜駅」にはアウトレットの大型ショッピングモールである『三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド』、「八景島駅」には3つの水族館と様々なアトラクションが楽しめる『横浜・八景島シーパラダイス』など、横浜ならではのショッピングやレジャーも楽しめます。

洗練されたデザイン性と利便性を兼ね備えた「金沢シーサイドタウン並木団地」。
こちらの団地のリノベーションに興味をもった方は、是非弊社にご相談下さいませ!
また、弊社では特に団地の買取を強化中です。売却をご検討されている方もお気軽にご連絡くださいませ。

弊社による金沢シーサイドタウン並木団地のリノベーション事例はこちらからご覧頂けます↓

金沢シーサイドタウン並木団地・リノベーション済

団地リノベーション(団地リノベ暮らし)の魅力とは

「鎌倉グリーンハイツ」〜素敵な団地案内2 鎌倉移住希望者が注目〜

「湘南ライフタウン」〜素敵な団地案内3 団地と農村との共生空間〜